2018年07月12日

旧東海道 鳴海宿の復元 高札場 No.2

IMG_2384C.jpg

写真 : 旧東海道 鳴海宿の復元 高札場 ( 名古屋市 緑区 2015. November )
[ カメラデータ : デジタル一眼レフカメラ ≪ CANON ≫ ]
写真は、ノー・トリミング縮小、copyright表示以外の加工、画像調整等は一切行っておりません。




                           東海道五十三次の40番目の宿場町であった鳴海宿(名古屋市 緑区)には、
                           復元されている高札場があります。
                           高札場とは、幕府が庶民に守らせるための定めを書いた 木の板を掲げる場所で、
                           2009年11月に庚申坂という坂道の途中に復元されました。
                           本来あった場所からは70mほど離れているそうですが、
                           江戸時代の雰囲気を感じさせてくれます。
                           また、この周辺には桶狭間合戦時に今川方の武将である岡部元信が
                           城主を務めていた鳴海城(根古屋城)があった場所でもあります。


[ 当ブログにお越し頂きまして、有難うございます。 ]




posted by kawaguchi at 18:50| Comment(0) | 名古屋市緑区( 鳴海 ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。